阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
お盆の行事

お盆とは仏教用語の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略したものです。語源は梵語(ぼんご)の「ウランバナ」で、餓鬼に堕ちて苦しんでいる弟子の母を釈迦が供養し救うことができたという故事が始まりとされています。
お寺では施餓鬼供養をしますが、家庭では先祖の霊が帰ってくる日としてさまざまな行事を行います。

お盆の期間

関東方面(東京・静岡・名古屋など)では毎年7月13日〜16日までが一般的ですが、「月遅れ盆」といって1ヵ月遅れの8月13日〜16日に行われるところもあります。関西方面をはじめそのほかの地区(函館・熊本を除く)は月遅れ盆。また今はほとんど聞かなくなりましたが、旧暦の7月(新暦の8月下旬)のところもあります。
なお、「盂蘭盆」と同音の「裏盆」は、お盆の終わりをさします。一般的に7月20日ごろにあたりますが、地域により異なります。

迎え火

12日夕刻か13日午前中に精霊棚や仏壇のお飾りとお供えをすませ、13日の夕刻、縁側の軒先か精霊棚のところにつるした盆堤灯(ぼんぢょうちん)に火をともします。そして家の門口や玄関で素焼きの焙烙(ほうろく)に麻幹(おがら。皮を取り去った麻の茎。)を折ってつみ重ね、火をつけて燃し、その場で合掌します。これを迎え火といい、麻幹を燃したその煙に乗って先祖の精霊が家に戻ってくるのを迎えます。

送り火

家に迎えた精霊を今度は送り火をたいて送り出します。
迎え火をたいた同じ場所で16日(または15日)、麻茎をつみ重ねて送り火をたきます。精霊棚の飾り物や供物は盆舟(ぼんぶね)に乗せ明かりをともし、川や海に流しましたが、現在では一部の地域以外では行われていません。

  ページの先頭へ戻る