阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
敬老の日

国民の祝日のひとつ「敬老の日」は、昭和41年に制定され、2003年からハッピーマンデー制度の適用により、9月の第三月曜日となりました。
老人福祉に対する国民の理解と関心を高めるとともに、長年にわたって社会に貢献してきた老人を敬い、いたわる日、とされています。こうしなければいけない、というしきたりはなく、また何歳から敬老の対象になるという規定もありません。祝い敬う気持ちを大切にし、日頃お世話になっている感謝のしるしとして、贈り物をするとよいでしょう。

長寿の祝い

(いずれも数え年で祝うものとされていますが、満年齢で祝う方もいます。)

平均寿命が今よりずっと短かった時代では61歳まで元気でいることはたいへんおめでたいことでした。長寿を祝うようになったのは室町時代の末ごろからで、江戸時代以後、それが一般的な習わしとして定着したといわれています。

●還暦(61歳)

還暦ということばの意味は「本卦還り(ほんけがえり)」といって、十干十二支(じっかんじゅうにし)が60年で一巡し、生まれた年の干支(えと)にもどることからつけられました。「赤ちゃんに還る」という意味と、「赤は魔よけの色」ということから、赤ずきん、赤いちゃんちゃんこ、赤い座ぶとんなどを家族や近親者が贈り「生まれかわった気持ちでますますお元気に」という願いをこめて祝います。

●緑寿(66歳)

2002年9月に日本百貨店協会が提唱。66の6にちなみ「6=ろく=緑」で元気さをイメージしました。
“環境の世紀”といわれる21世紀。地球の自然を守っていこう、という思いも込めて、緑をイメージカラーにしました。

●古稀(70歳)

古稀は唐の詩人杜甫の「人生七十古来稀也」という詩に由来するといわれています。

●喜寿(77歳)以後のお祝い

喜寿のいわれは、「喜」という字をくずして書くと「七十七」に通じるところから。米寿は「米」の字が「八十八」を組み合わせてできるので、88歳の祝いともいいます。白寿は百の字に一本足りないことから99歳の祝い。80歳の傘寿(さんじゅ)、90歳の卒寿(そつじゅ)は、それぞれ「傘」の略字が「八十」、「卒」の略字が「九十」に分解できることからそう呼ばれています。

長寿の祝い

数え年で61歳

「還 暦」

数え年で66歳

「緑 寿」

数え年で70歳

「古 稀」

数え年で77歳

「喜 寿」

数え年で80歳

「傘 寿」

数え年で88歳

「米 寿」

数え年で90歳

「卒 寿」

数え年で99歳

「白 寿」

100歳以上のお祝い

100歳のお祝いは

「百寿」「紀寿」「百賀の祝」「上寿」

100歳以上

「仙 寿」

101歳

「百一賀の祝い」

108歳

「茶 寿」

111歳

「皇 寿」

110歳以上の御祝

「皇 寿」「椿 寿」

長寿の祝いにふさわしい贈り物

還暦

基調色は赤を参考に、男性にはベストや明るい色目のセーター、スポーツシャツなど、女性にはセーターやカーディガンなど、ご本人に若やいだ気分になってもらえるもの。
そのほかの長寿の祝いは「還暦」のようにきまった贈り物はありませんが、その名称にちなんだ品、たとえば、その文字をあしらった食器、置物、「傘寿」には傘を贈り物に使うこともあります。また高砂の置物、掛軸などを贈るようですが、しきたりや長寿ということにこだわりすぎないで、先方の趣味嗜好を考えて選ぶことが大切です。また、身につけるものは、年齢より若向きのものを選ぶとよいでしょう。

《趣味、嗜好がわかっている方には》

旅行券、温泉の宿泊券、ホテルのディナー券、ゴルフ道具、レジャーウエアなど趣味的なもの、女性には、バッグ、美術全集、CD、デジタルカメラなども。

《記念的なもの》

高級陶磁器、漆器など。

《実用的なもの》

槐(えんじゅ)の箸、夫婦碗など。

《快適に使っていただけるもの》

ひざ掛け、寝具、ホームウエア、マッサージチェアなど。
贈り方は、個人かグループで、祝宴の席で現品や目録を贈ります。後日、当日の様子を撮影したテープや写真のアルバムを贈るのもよいでしょう。

敬老のお祝いの表書きの例

敬老のお祝いのお返し

本人が主催して祝宴を開いた場合には当日の引出物として、他の人が主催して招かれた場合にはそのお礼として後日、参会者に記念の品を配るとよいでしょう。高価なものにする必要はなく長寿の記念となるものが喜ばれます。

  ページの先頭へ戻る