阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
お歳暮

お歳暮の由来

お正月の行事は、その年の年神様を迎えてお祝いするためのもので、昔は一族が暮のうちに主家や本家に供物をもっていくような習わしがありました。また、新しい年を迎えるにあたり、先祖の霊を祭るために必要な品を親元へ供えるという習わしもありました。
一方で、江戸時代には分家から本家へ、弟子から師匠へ、「一年のご挨拶をし、鏡餅を贈る」という習わしがありました。
これらの習わしがあわさり、現代のお歳暮の由来となっているようです。現在では一年の締めくくりとして、お世話になっている方へ季節のご挨拶をかねて贈り物をするのが習慣になっています。

贈る時期と表書き

以前は「お正月の準備を始める」という事始めの日(12月13日ごろ)に贈るとされていました。現在では12月初旬から月末までに贈ればよいのですが、20日ごろまでに届くように贈るのが一般的です。
12月は荷物が混むので地方へお届けの場合は早目に手配をした方がよいでしょう。

お歳暮を贈る時期をずらす場合

お歳暮期に遅れてしまった、あるいは、贈り先が喪中などで時期をずらす必要が出てきた場合などは、1月の寒に入ってから(松の内以降)立春(2月4、5日ごろ)前までに、「寒中御伺い」「寒中御見舞」などの表書きを使い、心のこもった贈り物をして親交を深めるのもよいでしょう。
立春ごろから2月末ごろまでのまだ寒さが残っている時期にお見舞いをする場合は、「余寒御伺い」「余寒御見舞」がよいでしょう。

贈り先が喪中の場合

お歳暮はお世話になったお礼のしるしですので、「ご不幸に関係なく贈ってもよい」と一般的にいわれています。
ただし、ご不幸からあまり月日がたっていない場合は、四十九日が終わるなど、忌明けをめどに少し遅らせて贈るとよいでしょう。
(赤白の水引が気になる場合は白短冊を使うとよいでしょう。)
また、一家の主を亡くされたご家庭には手紙をそえて「忌中御見舞」としてお届けすればおなぐさめができます。

仲人へ贈る場合

季節の贈り物は「三年間」などといいますが、これは、本式の見合結婚の仲人で本人夫婦とあまり関係のない方の場合の目安です。仲人といってもいろいろあり、たとえ結婚式当日だけお願いした方であっても、尊敬している先輩、お世話になっている先生や上司という関係なら、末永く付き合っていただく意味で季節ごとの贈り物をして親交を深められるのも大切なことでしょう。

《お歳暮選びのヒント》

生ものや日持ちのしないもの、冷蔵庫に入れなければいけないもの、かさ高なものはなるべく避けるなど、さしあげる方に配慮して選ぶとよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る