阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
新築祝い
一軒の家を新築するのは大事業です。そのために、昔から工事の無事を祈り、また工事の過程に応じてさまざまな儀式が行われてきました。

地鎮祭

新しく家を建てるとき、その敷地を清めて土地の神様を鎮(しず)め、建設工事中の安全とその家の繁栄を願う儀式です。建て主と工事関係者が出席します。またご近所へのご挨拶は、この地鎮祭の前後にするとよいでしょう。

地鎮祭の当日、日本酒を祭壇にかざります。
白奉書に赤白水引を掛け「のし」はつけません。
表書きは「奉献」として、下段は贈り主の姓名を書きます。

上棟式

地鎮祭の次が上棟式で棟上げの日のお祭りで、新築する建物の中心となる棟木や柱を組み上げるときに、厄払いや魔よけ式として行います。神職、大工、とび職などに、酒肴(しゅこう)や赤飯を出して祝います。また、迷惑をかけるだろうと思われる近所の家には、上棟式の関係者に配った物と同じ品か「記念品」を持参してご挨拶をします。設計事務所、工務店などがすべて行ってくれる場合もあります。

新築祝い

お祝いの品は、建てられた条件やインテリアにあうように選びます。いくつあっても困らないような、スリッパ、インテリアクロスなどの消耗品、花や観葉植物、また商品券などは無難といえるでしょう。ストーブなど火に関するものを贈るのはタブーとされています。また前の家より縮小して新築した場合には「新築祝い」とはせずに、「御転居御祝」「御新居御祝」という形で贈るとよいでしょう。

※家が完成し、インテリアもある程度ととのったら、親類、親しい友人、お世話になった人、お祝いをいただいた人を招いて新居の披露をします。日時を決めて昼間に招待する方がよいでしょう。

お返し

新築披露の祝宴に招待することでお返しに替えますが、より丁寧にするなら記念品を手みやげとして用意するとよいでしょう。コーヒーカップやシュガーポットなど、「入れるもの」を贈る習わしがあります。また、遠方で祝宴にお越しいただけなかった方には、いただいた品の半額くらいのお返しをするとよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る