阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
帯祝い
妊婦が胎児を保護するために締める腹帯を「岩田帯」といいます。
妊娠5ヵ月目の戌(いぬ)の日、「岩田帯」を締め安産を祈る儀式が、「帯祝い」です。一般的にイヌはお産が軽いことにあやかっています。最近では夫婦だけで祝うことも多いようですが、実家の両親やきょうだいが帯祝いに招かれたらお祝いの品をお持ちするようにします。
両親ならマタニティーウエア、きょうだいなら育児書や現金をお祝いとして贈るのがよいでしょう。帯祝い用白さらしもめん一反などを奉書紙に包み「御祝」「寿」または「戌」と表書きして贈ります。
ギフトカードなどに帯祝い用に朱書きで「寿」と書き入れ、さらしを一反添えて贈る方法もあります。より丁寧にするなら酒肴を添えるとよいでしょう。


お返し

帯祝いに招いた方からお祝いをもらったときのお返しは、しなくてもかまわないとされています。

帯祝いから出産までの準備

妊婦は、出産予定日の2ヵ月前くらいから出産時に必要なものをそろえるようにします。このとき、新生児に必要なものと、妊婦自身に必要なものとを分けて準備しておくと便利です。髪の毛なども手入れが簡単なスタイルにしておくとよいでしょう。
神経質にならず、ゆったりとした気分で出産の日を待つようにします。

《へその緒》

昔からへその緒は、新生児誕生の際に出生を明らかにするものとして大切に保存されてきました。今でもへその緒を桐箱に入れて奉書紙で包み、子どもの姓名・生年月日・父親名・続柄を書き、命名書とともに神棚にあげたあと、たんすなどにしまっておきます。
最近は、へその緒を渡さない病院もあります。その場合はメモリアルシューズなど身近なもので記念になるものを残しておかれるとよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る