阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
お宮参り
子どもが生まれて、初めて産土神(うぶすながみ)にお参りすること。

子どもが氏子入りをする儀式ともいわれます。お宮参りの日は地方によって違いますが、多くは生後30日目前後で、男子30日目・女子31日目、あるいは男子31日目・女子32日目に行います。日が統一されていないので、天候や付き添う人の都合、とくに母体の回復を考慮して日を決める家庭が増えています。
お産をした地域の氏神に参るのが本来のありかたで、「母親の実家の氏神に参る」しきたりはこのあたりからきているようです。また氏子入りを目的とするなら、子どもがこれから住む地域の氏神に参ることになりますので、赤ちゃんと母親の健康を考えて近くの氏神にお参りするのがよいでしょう。
地方によっては、お宮参りのお祝い(連祝)を贈る場合もあります。

お返し(出産祝いのお礼)

お宮参りのしきたりでは、赤ちゃんに無地一つ身の着物を着せ、そのうえに妻の実家から贈られた「祝い着」(男子なら紋付きののし目、女子なら友禅)をかけます。そしてお宮参りをすませた後、そのままの服装で出産を祝ってくださった方々へお礼の挨拶回りをかねて、お返しの品をお届けします。お宮参り用としてのお祝いをいただいた方には、お赤飯などを添えるとよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る