阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
お食い初め(おくいぞめ) 歯がため・お箸初め(おはしそめ)ともいいます
生後100日目、地方によっては110日目か120日目に行います。一生食べるものに困らないようにと祈る行事で、お箸初めともいわれます。茶わんやおわん、皿など一式そろえたお膳で、赤飯や尾頭つきの鯛(たい)などを食べさせるまねをする儀式です。お祝いに使う食器は漆器か素焼きのもの。最近では合成樹脂のものも多く使われるようになりました。赤ちゃんに食べさせるまねをする役目は、長寿にあやかるように近親者のなかで長寿の方にお願いするのがよいでしょう。

献立

お膳の上に、赤飯、鯛の焼き物、煮物、香の物に澄まし汁を添えます。歯が丈夫になるようにと、歯固めの小石か、紅白の餅か勝栗をのせます。
お食い初めの儀式は、この献立を実際に食べるのではなく、食べさせるまねをするだけです。以前は、赤ちゃんに食べさせるまねをする人を養い親といって親類の中から長寿の人を選んで依頼したものですが、今では祖父母がその役を引き受ける場合が多いようです。
まず、赤飯や澄まし汁を箸先で食べさせるまねをします。次に、鯛の尾頭の肉を少し箸にのせて食べさせるまねをします。紅白の餅や小石を箸で触ってから、その箸先を赤ちゃんの歯ぐきにそっと当てます。しかし、お膳の上に赤ちゃんの離乳食、野菜スープや果汁をそろえて、実際にそれを食べさせてあげるのもよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る