阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
七五三のお祝い
七五三の祝いは、かつて子どもの成長の節目として行われていた儀式に由来します。
男女共に三歳になるとまず、「髪置き」(かみおき)といって髪を伸ばして結い直す儀式を行いました。次に、男の子は五歳になると「袴着」(はかまぎ)という、初めて袴をつける儀式を行い、女の子は七歳になると「帯解」(おびとき)という、つけひもをとって初めて本式の帯を締める儀式を行いました。
現代のような七五三を行うようになったのは、江戸時代からだといわれています。

七五三と千歳飴

「千歳飴」は紅白の長い棒飴で、「長く伸びる」という縁起にあやかり“寿”や“鶴亀”が描かれています。着飾った子供が千歳飴の袋を手にした光景は七五三の風物詩です。

祝い方

三歳と五歳の男の子、三歳と七歳の女の子を近くの神社にお参りさせ、その成長と将来の幸福を祈ります。
※七五三は子どものプライベートなお祝いですので、あまり大げさにすることはありません。

お祝いの品選び

 男の子には・・・帽子、靴、スポーツ用品、ゲームなど
 女の子には・・・バッグ、身のまわり品など

お返し

本来必要ありませんが、ごく親しい人なら自宅に招いて祝い膳を出すのもよいでしょう。お返しをするなら、お祝いにいただいた品の半額程度のものを、七五三当日より2週間くらいの間にお届けします。

神社(氏神様)でおはらいをしてもらう場合

前もって社務所に申し込んでおく方がよいでしょう。
この時のお礼は「御初穂料」を表書きした祝儀袋に現金を包みます。

  ページの先頭へ戻る