阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
仲人へのお礼
縁談から見合い、結納、結婚式、披露宴まで、すべてにおいてお世話になった仲人の場合は、結納お届けの時は御祝儀をお渡しし、式後に改めてお礼をするのが基本ですが、式後にまとめるところもあるようです。お礼の額は地方によって違いますが、結納金の1割程度を両家で半分ずつ出し合うのが一般的です。きまりがあるわけではありませんから、両家の話し合いで自由に決めるとよいでしょう。お礼の品物や現金には紅白の水引を結び切りにし、表書きは「御礼」、下段は両家の連名にします。新夫婦が旅行中に、両家、あるいはその代表として新郎側の父親か母親がお礼のご挨拶に伺います。

挙式当日だけの、いわゆる「頼まれ仲人」の方には、お礼とお車代を包みます。お礼は披露宴の招待客の数や料理とバランスをとります。一般的に、人数が多ければ多いほどお礼の額は多くなります。現金あるいはそれに相当する額の品物を両家が共同で用意します。挙式後、新夫婦が旅行中に、両家あるいはその代表者が届けることは同じです。
仲人の方へのお礼は、正式には現金ですが、お金と品物の両方を渡す場合の表書きは、お金の方は「御礼」とし、品物の方は「寿」とすればよいでしょう。

里帰り(里びらき)

新婚の二人が式後初めて新妻の実家を訪問することを「里帰り」といいます。都合のよい日にそろって出かけますが、夫の側から妻の両親やきょうだい、おもな親類の人たちにそれぞれおみやげを用意します。
なお、用意する内容は「婚家みやげ」を参考にして同じ範囲にした方がよいでしょう。

挨拶回り(姑が付き添う)

地方によっては、結婚式がすんだあと花嫁衣装のまま新郎の母親に付き添われてご近所へ挨拶回りをする風習があります。その際には、縁起の良い物として、かつおや昆布、上用まんじゅう、赤飯などを手みやげとして配ります。水引は赤白の結び切り、表書きは「壽」にして下段に花嫁の名前を書きます。

  ページの先頭へ戻る