阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
葬儀参列者の心得

金封・供花・供物について

香典・供花・供物について

香典とは「香」に代える金銭という意味です。このことから考えてもわかるように、故人に手向けるものは、香や花、供物が本来のもので、香典はその代わりであったわけです。近親者や故人と個人的なつながりの深い方や、女性から贈る物としてふさわしいのは生花です。白い花を主に、黄や紫の花などを加えるのが一般的ですが、最近は色にあまりこだわらず、故人の好んだ花ならば何色でも使われるようです。注意したいのは、花瓶がなくともすぐ飾れるようにつくってもらう点です。また、供物や供花、花輪等は、祭壇の飾りつけの際順序よく並べるための都合もありますから、通夜に供えるものは当日の午前中までに、葬儀に供えるものは前日まで、となるべく早めに届けます。自分で持参する「供物」は受付の係りの人か遺族に渡しますが、直接供えるときは祭壇の上か焼香台の脇に、霊前に向けて置きます。

供物を持参(お供え物用として)する場合

金封の表書き・供物の宗教によっての違い

御霊前は宗派にかかわらず、お使いいただけます。

仏式

[金封の表書き]

「御香典」「御香料」「御霊前」
※宗派により異なります。

[供物]

線香、抹香、ろうそく類、日持ちのする菓子、果物など

※表書きは「御供」です。
香典をお渡しする場合は金封に入れ、ふくさに包んで持参します。受付者に弔いの言葉を伝えた後、ふくさから出して渡します。祭壇に直接供える場合も同様です。

神式

[金封の表書き]

「御玉串料」「御神饌料」「御霊前」

[供物]

仏式とだいたい同じですが、香をたきませんから抹香・線香はふさわしくありません。その代わり、神式ではお酒を供えることがあります。

※注意:仏教徒であっても神式の葬儀には数珠を持っていかず、不祝儀袋も蓮(はす)の花の模様入りのものは使わないようにします。

キリスト教式

[金封の表書き]

キリスト教の場合も「御花環料」などとして香典を贈ることが一般化してきました。ほかには「御献花料」「御霊前」「御花料」です。金封は白い封筒を使うところもあります。

[供物]

祭壇近くに花以外のものは飾りません。すべて供花ということになります。故人に対する弔意を表すために、霊前に生花の花輪を供えるのがならわしになっています。故人に対して夫婦ともに知り合いなら、連名のカードを添えて黒のリボンを飾ります。教会へ贈る場合と喪家へ贈ったほうがいい場合とがあるので、必ず喪家へ問い合わせましょう。なお、カードは霊前に供えるときにはとります。

葬儀・告別式参列の仕方

葬儀

死者を葬る儀式。近親者や故人と親しい人が出席する。

告別式

故人にゆかりの人々が別れを告げる儀式。

※葬儀・告別式という言い方は仏教やキリスト教式のもので、神式では葬場祭といいます。

参列心得

仏式・・・焼香の作法

遺影と位牌(いはい)を仰ぎ一礼してから合掌
香合の香をつまみ香炉へ一回または二回(正式には三回)焼香
合掌礼拝して席へ

<<一般的な数珠の持ち方>>

礼拝時

長い数珠の場合は、ひとひねりして両手の中指にかけて手を合わせます。短い数珠(略念珠)の場合は、左手の親指と人さし指の根元にかけてそのまま両手のひらではさむか、両手の親指以外の指を通して手をあわせます。

座っているとき

短い数珠の場合は、房を下にして左手に持ちます。長い数珠の場合は、二連にして左手首にかけておくか、左手に持つかします。

歩くとき

左手に持ちます。

神式・・・玉串奉奠(たまぐしほうてん)

右手で榊(さかき)の根元を持ち、左手で軽く支えて一礼
葉の方をまず神前に向け、右にぐるりとまわし葉先が手前にきたら両手で台にのせる
二礼、二拍子(音をたてない)一礼して席へ

<<注意する点>>

お悔やみのご挨拶の述べ方は仏式の場合と同じですが、「冥福」や「成仏」、「供養」といった仏式用語は使わないようにします。

キリスト教式・・・献花

花を右手に持つ
花の根元を霊前に向ける
花を左手に持ちかえて供える

<<注意する点>>

葬儀への参列は、献花を祭壇にささげて合掌します。そのあとカトリックの信者なら十字を切りますが、信者でない場合は立礼するだけでよいでしょう。つづいて牧師または神父と遺族に一礼して退場します。
また、お悔やみのご挨拶の述べ方は仏式の場合と同じですが、「冥福」や「成仏」、「供養」といった仏式用語は使わないようにします。

かけ紙

一般会葬者に贈る品につけるかけ紙

  ページの先頭へ戻る