阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
香典返しと挨拶状
四十九日(または三十五日)を満中陰といい、この日をもって忌明けとします。この時お香典のお返しをするのが通例です(なお四十九日が3ヵ月にまたがる場合は、三十五日で切り上げることが多いようです)。お香典は本来、故人の冥福を祈って手向ける香のかわりに霊前に供えるものですが、同時に、相互扶助的な意味合いもあります。したがって、忌明けを通知する挨拶状に感謝の心を記せば、お返しをしなくても失礼にはあたりませんが、従来のしきたりでは「半返し」といって、香典をいただいた額の半分位、一家の主人が亡くなった場合は3分の1位をお返しします。最近はいただいた額に応じて三段階位に分けて品を用意する、または一律に同じお品を用意するなど、方法はさまざまです。
また、社会福祉施設などに、お香典返しに充てる費用を寄付するケースも増えています。その場合は、報告をかねた挨拶状を発送します。

予算の目安

お香典返しをする場合、一般的にはいただいたお香典の2分の1から3分の1が目安になります。しかし、一つひとつ品を選ぶのは大変な作業です。お届け先も多いことですので、お香典額の5千円までは2千円、1万円までは3千円、それ以上であれば5千円、と額を3段階ぐらいに分けて品を選ぶのも、ひとつの方法でしょう。

お香典返しの品選び

お香典返しには、銘茶、タオル、寝具、石けんなどが一般的ですが、必ずしもこれにこだわることはありません。会社などの場合は、みんなで分けられるお菓子なども適しています。

 

表書き

仏式:黄白かけ紙または白奉書黄白水引

四十九日の法要を満中陰といいます。三十五日(五七日)で切り上げた場合は、挨拶状は中陰の文(中陰滞りなく…)を使いますが、最近はあまりこだわらないようです。なお、宗派により挨拶文の内容が違いますので間違いのないようご注意ください。 本来お香典返しの品は一軒一軒お持ちしてご挨拶するものです。しかし、お届け件数も多いため、昨今では、挨拶状を添えて配送することが多くなりました。仏式の挨拶状には、故人の戒名(法名)の入るものと入らないものとがあります。戒名(法名)を入れる際は文字に間違いのないよう注意が必要です。

神式:黄白かけ紙または白奉書黄白水引

神式でも仏式と同じくお返しをしますが、「香典返し」という言葉は仏式のものなので表書きには使いません。神式では、三十日祭または五十日祭を忌明けとし、挨拶状とともにお返しをします。

キリスト教式

本来お返しの風習はありませんが、最近はお返しをすることが多くなりました。式から1ヵ月後の召天記念日を過ぎたころに、納骨をすませた旨の挨拶状を添えて贈るのが一般的です。

※なお、仏式・神式・キリスト教式とも、下段中央に喪家の姓を書きます。

挨拶状について

お香典返しは、一軒一軒持参するのが正式ですが、訪問できず配達する場合は忘れず挨拶状を添えましょう。

仏式

挨拶状でお礼の言葉を述べ、三十五日(五七日)、四十九日(七七日)の法要をすませたことを報告します。

神式

挨拶状の趣旨は仏式と同じ。ただし「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」など仏式用語は避けます。

キリスト教式

挨拶状の趣旨は仏式と同じ。神式同様、仏式用語は避け「忌」という言葉も使いません。「急逝」「永別」「神のみもとに召され」などの言葉を使います。

社葬などのお返し

故人が会社や団体に特別の功労があった、あるいは死亡原因が業務上の事故だったといった場合は、社葬や団体葬の扱いを受け、葬儀の費用は会社や団体が負担することがあります。しかし、ご弔問のお香典を遺族が受け取る場合には、お返しは遺族が行う習わしです。

  ページの先頭へ戻る