阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
一周忌までの法要について
※仏式

逮夜と初七日

「逮夜」は、もともと「葬儀日の前日の晩、忌日の前日の晩」という意味があり、かつては葬儀前日だけでなく忌日の前日の晩も、故人の冥福(めいふく)を祈って一晩中語り明かす風習がありました。宗派によっては逮夜の法要を重くみます。
現在、「逮夜」というと一般的に忌日の前日の晩をさしますので、死後最初の逮夜は、初七日前日の晩、つまり死亡日から6日目の晩となります(関西など西日本では死亡日の前日から数えることもあるようです)。これは、葬儀の日から数えるとだいたい2〜3日後にあたります。法要は期日を早めてもいいので、初七日の法要をあわせて行うことが多いようです。また、遠方から来られている方のために、葬儀日当日に合わせて済ませることも一般的になりました。
逮夜や初七日の法要では、僧侶にお経を上げてもらったあと、茶菓や精進料理などをお出しし、お帰りの時に「粗供養」をお渡しします。丁寧におつとめする家では、その後7日ごとに「粗供養」の品を変えてお参りに来ていただいた方にお渡しします。表書きは「粗供養」「志」で、右肩に小さく「初七日」と書く場合もあります。あとは「二七日」、「三七日」、「四七日」、「五七日」を右肩に記入してもよいでしょう。

四十九日の法要と百か日の法要(仏式)

仏教では四十九日の審判で死者の運命が決まるといわれ、忌み日のなかでも重要な日とされています。さらに忌明けの日ですから、たいていの場合、近親者・友人・知人・僧侶を招いて埋骨式をし、精進料理をお出しし、大がかりな法要にします。また葬儀の時にお香典をいただいたところへは、忌明けの挨拶状とともに香典返しを送ります。その後百か日を迎えるまで特に大きな法要は行いません(近親者・友人・僧侶を招いて、内輪ですませる法要を行うことはあります)。百か日で法要は一段落し、あとは一周忌になります。
仏壇のなかった家も四十九日の忌明け、または百か日までには新しい仏壇を用意します。

神式(霊祭)

十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と、死亡した日から十日目ごとに行います。
十日祭は仏式の「初七日」と同様。
帰家祭(きかさい)と十日祭とを一緒にすることもあります。
三十日祭は仏式の三十五日にあたります。
五十日祭は仏式の四十九日と同じ。これで忌明けとなります。
三十日祭と五十日祭を兼ねることもあります。

その後百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、五十年祭、百年祭、と行います。霊祭当日は故人の霊位と写真を祭り、榊・花・供え物をして神職を招きます。また初盆は行わず春と秋の「彼岸の中日(春分の日と秋分の日)」に先祖を祭ります。

キリスト教式

死後1ヵ月の召天記念日に行います。それ以後特にきまりはありません。

法要のくばりもの

仏式

神式

十日祭・・・・仏式の初七日と同様
二十日祭
三十日祭・・・仏式の三十五日にあたる
四十日祭
五十日祭・・・仏式の四十九日(忌明と同じ)

キリスト教式

  ページの先頭へ戻る