さわらの梅肉レンジ蒸し

クセのない白身魚と梅で
あっさり、上品な仕上がりに。

さわらの梅肉レンジ蒸し
調理時間 エネルギー(1人分) 塩分(1人分)
約20分 232kcal 1.9g
材料(4人分)
さわら(切り身) 4切れ
大さじ1
A 梅干し (中)6個
小さじ1
みりん 小さじ1
長ねぎ 2本
青じそ 10枚
プチトマト 8個
 

作り方

  1. さわらは皮と骨の部分を取りのぞき、厚さ1cm程度のひと口大に切り、酒をまぶしておく。
  2. (A)の梅干しは種をとり、包丁でたたいてペースト状にし、酒・みりんと混ぜる。
  3. 長ねぎと青じそはせん切りにして水にさらし、水気をよくふく。プチトマトは1/4に切る。
  4. 耐熱皿に(1)を並べて(2)をぬり、ラップをして電子レンジで約3分加熱する。
  5. 器に盛り、(3)の野菜を添える。

梅肉に酒とみりんを混ぜたソースは、鶏のささ身や厚揚げなどの淡白な食材によく合います。

さわらは『鰆』の字のごとく春においしくなる魚。出世魚で、『さごし』から『さわら』へと改名されます。高血圧の予防に役立つカリウム、骨や歯の形成を助けるビタミンD、糖質の代謝に作用するビタミンB群のほか、たんぱく質、脂質を豊富に含みます。

参考献立

●たけのこの炊き込みごはん
●春キャベツと牛肉のマヨネーズ炒め


Mama's Kitchenへ戻る