HANKYU.MODE

NEWS-HANKYU NEWS

BANQUET OF CREATURES

ファッションとキモノとイキモノ展 第二夜 ーイキモノの晩餐会ー

2016.11.14

HANKYU NEWS

ファッションとキモノとイキモノ展
第二夜 ーイキモノの晩餐会ー
11/16(水)~22(火)
3階 プロモーションスペース31

今年3月に開催した「agris」デザイナー 鷺森アグリと「ハイカロリイオトメ」山田智子とキモノディレクターCHOKO、イラストレーターのハセガワ・アヤの4人による企画展“ファッションとキモノとイキモノ展”。その続編はいろんなイキモノが集まる晩餐会。キモノもファッションもニンゲンもイキモノもボーダレスに囲む食卓で、装い着飾り集う楽しさを純粋に表現する。
「agris」からは、千鳥カットワークのスウェードドレスと飾り襟が登場。“SPUNKY KIMONO STYLE”をコンセプトに掲げるCHOKOからは、艶やかな光沢が華やかにドレスアップしてくれるドット羽織とお揃いの半襟がラインアップ。ハセガワ・アヤと、「ハイカロリイオトメ」からは、新作の動物モチーフ半幅帯や雑貨アイテムが揃う。
艶やかな光沢が華やかにドレスアップしてくれるドット羽織は、キモノだけでなく洋服にも。お揃いの半襟と合わせて、セットコーディネートも楽しめる。
羽織 73,440円、半襟 8,424円
・デザイナー 鷺森 アグリ / Aguri Sagimori
1985年生まれ。2007年バンタンデザイン研究所卒業。同年、新人デザイナーファッション大賞優秀賞 受賞。同年ナゴヤファッションコンテスト2007 グランプリ 受賞。2008 autumn&winter collection 「AGURI SAGIMORI」デビュー。2010 spring&summer collectionにて、Vantan Tokyo パリ合同展示会参加。同年、毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞 受賞。2016 autumn&winter collectionより「agris」リ・スタート。(「AGURI SAGIMORI」より改名)2016年 鷺森アグリを中心としたクリエイティブプロジェクト『abooks』スタート。
・CHOKO
京都出身。ろうけつ染めの職人だった父と、日常的にきものを着る曽祖母、祖母、母に囲まれて、きものが身近な存在である幼少期を過ごす。2004年より、きものブログ『CHOKOとチョコと』にてキモノスタイルを中心に発信し続ける。ブランドコンセプトは“SPUNKY KIMONO STYLE”。‘欲しいのは 心が揺れて跳ねるモノ 身に纏った瞬間 イロを強く放つモノ'
・「ハイカロリイオトメ」 デザイナー 山田智子
ポリシーは、“ふまじめなものをまじめに作っています”。2003 年 東京・西荻窪の豆千代モダンにて取り扱いスタート。2005年 バッグに特化したライン「TASCHE by tomoko yamada」が、パリのcoletteにて取り扱いスタート。主に、合皮を手彫りでカットして手縫いで仕上げるオリジナルの手法で作品を作っている。
・ハセガワ・アヤ
ファッションイラストを中心に活動する他、2010年ニューヨークのレストランの壁画、メニューなどのツールを手がけるなど多岐にわたる。2008年より大人のためのゆかたブランド「ポワソンドール」を立ち上げ、2015年更に進化させたきものブランド「ばらいろ」を立ち上げる。コンセプトは“イラストレーターが手がけるきものの世界”。
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック