HANKYU.MODE

NEWS-HANKYU NEWS

CLOUDY "JOURNEY" AFRICA↔︎TOKYO

アフリカの貧困問題解決に貢献

2019.10.19

HANKYU NEWS

CLOUDY "JOURNEY" AFRICA↔︎TOKYO
クラウディとともにアフリカの旅
10/23(水)~29(火)
1階コトコトステージ11

アフリカの民族柄、伝統織などアフリカンテイストが魅力の「クラウディ」。アフリカの貧困・教育問題の解決に取り組み、売り上げの10%をアフリカの教育や雇用の現場に還元している。購買というアクションを通じて、顧客も支援活動の一端を担っていると意識できるのが特徴。今回の期間限定イベントは、初の秋冬コレクションをラインアップ。
アフリカンファブリックをベースにしたハンドメイドのポーチ。購入することで、現地で作業するアフリカの女性たちの今日を、未来を、明るく照らすことに貢献。鮮やかな色合いと持ち運びに便利なサイズが嬉しい。
ポーチ(大:W16×H10×D7cm) 各3,300円、(小:W12×H9×D5cm) 各2,750円
ガーナ伝統工芸のひとつ、ビーズ細工を施したバッグ。ビーズは古くから装飾品のみならず通貨として使用されてきたが、「クラウディ」はリサイクルビースなどを使用。職人の手作業により、ひとつあたり5日程度の時間をかけて丁寧に生産している。個性的な色使いやハンドメイドによるぬくもりが魅力。
バッグ(W23×H17×D12cm) 各22,000円
ガーナ北部の国境近くにあるボルガタンガ地方に住む約300人の女性と共に手作業でバスケットを生産。伝統的な編み方で、ひとつあたり2週間もの時間をかけて丁寧に作っている。今季はガーナ伝統の手織り生地“KENTE”を素材に用いた新しいカゴバッグが登場。
バッグ(W23×H17×直径12cm) 各14,080円、巾着(W24×H32×直径15cm) 各3,850円
バッグインバッグとしてリリースしていた巾着をフェイクファーで装飾。中布にアフリカンファブリックを使用し、リバーシブルでも楽しむことができる。全6色を展開。
巾着(W22×H28.5×直径14cm) 各7,480円
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック