HANKYU.MODE

NEWS-

THEO JANSEN

開館35周年記念展Ⅱ「テオ・ヤンセン展」

2017.8.22

アニマリス・シアメシス Animaris Siamesis

「21世紀のレオナルド・ダ・ビンチ」と称されるオランダ出身のアーティスト、テオ・ヤンセン(Theo Jansen)。スペイン、フランス、ロシア、アルゼンチン、韓国など世界各地で、風で動くアート作品「ストランドビースト(Strandbeest)※」という、大型の造形物の展覧会をおこない、キネティックアートの巨匠として人気を博している。また国連環境計画の2009エコーフェスティバルでエコアーワードの受賞、そしてSONYやBMW、中外製薬等などのCMで「ストランドビースト」が起用されるなど、国際的に高い評価を受け続ける。本展は、その実物作品の迫力を体感するだけでなく、どのように構想され誕生してきたのか、芸術創造の源泉に迫る、東海・関西圏で初めての本格的な展覧会。

会場:三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
会期:9/18(月・祝)まで
開催時間:午前9時半30分〜午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(9/18(月・祝)は開館)
観覧料:一般1,000円、大学生800円、高校生以下無料
http://theojansen-mie.com/
アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス Animaris Percipiere Rectus
アニマリス・ペルシピエーレ・レクタス
アニマリス・ブルハス・セグンダス Animaris Burchus Segundus
facebookをチェック
twitterをチェック
instagramをチェック