Art CUBE

Art CUBE

  • 私たちが春になるための祓いのオブジェ(ケヤキオブジェ)
期間 4月1日(水)~5月12日(火)
作家名 木下 英大(Kinoshita Hideo)
作品名 『私たちが春になるための祓いのオブジェ』(ケヤキオブジェ)
素材技法 欅、紙縒、セロファン紙、アクリル絵具 ほか
サイズ W180×D200×H380mm
制作年 2020年
制作協力 中西 秀明 / 彫刻家
  • 私たちが春になるための祓いのオブジェ(祓串オブジェ)
期間 4月1日(水)~5月12日(火)
作家名 木下 英大(Kinoshita Hideo)
作品名 『私たちが春になるための祓いのオブジェ』(祓串オブジェ)
素材技法 和紙、御影石、麻苧、アクリル絵具 ほか
サイズ W200×D200×H480mm
制作年 2020年
制作協力 中西 秀明 / 彫刻家

●アーティストメッセージ

春という季節は、私たちが新しくなれる機会を与えてくれます。
それは文字通り自然なことです。私たちもまた、春に芽吹く若々しい自然の一部だからです。春の日差しを受けて気持ちよく、前向きに元気に、きっと、と思うきっかけのひとつになればと、門の左右に祓いのオブジェを用意しました。祓いはこれまでのことを綺麗にするためのお清めです。私たちの新しい春の門出が、とても自然に、そして素晴らしいスタートを切れるよう祈ります。

木下 英大(Kinoshita Hideo)/ 神職芸術家

●プロフィール
1980年生まれ
2007年   東京造形大学造形学部美術学科彫刻専攻卒業
2011年   國學院大学神道文化学部専攻科修了
2011年   香椎宮 奉職

●主な個展・グループ展参加経歴
2006年  『食と現代美術part2』Bank Art1929/横浜
2012年  『water』IAF SHOP*/福岡
2013年  『とくいの銀行ななつぼし神社祭』YCAM/山口
2016年  『美つなぐ香椎宮』香椎宮/福岡
2017年  『美つなぐ香椎宮 2017』香椎宮/福岡
2018年  『美つなぐ香椎宮 2018』香椎宮/福岡
2019年  『美つなぐ香椎宮 2019』香椎宮/福岡

表現と祈りは表裏一体だと結論づけ、神職、美術作家の両分野を横断的に活動。
普遍的なテーマを、神道を通して模索し続けています。

前のページへ戻る