こども服・呉服

  • このブログの最新記事へ

◇◇ 秋は突然に ★ バッグの準備お手伝いします ◇◇

  • 更新日: 2018/9/23
  •  
  •   mixiチェック

◎11階 きもの売場 神田「胡蝶」
こんにちは。履物と和装バッグの 神田「胡蝶」です。
単衣の季節もそろそろ終わるころ、
爽やかな秋風を頬に感じたら、袷の準備を始めませんか。




通常、紬や小紋などの普段着の際にはどんなバッグを
合わせていらっしゃいますか?
ご相談に見えたお客様には、まずはマルチに対応する
金糸銀糸が使われていない、帯地で作られた
宝来バッグをご提案することが多いのですが、

「もっと気楽に、かしこまらないデザインはないの?」

「もっと容量が大きいものはないの?」

といったお声を時折耳にします。

尚且つ、
「どのような着物とも相性がよいものを!」

ですね。


神田「胡蝶」では、『 花 房 バ ッ グ 』と呼んでいる形のバッグ、
こちらはいかがでしょう。


宝来バッグのようにファスナーつきではなく、
メインの物入れはマグネットによる開閉。
貴重品や飛び出すことが心配なものは、
両サイドのファスナーつきポケットに収納。

店頭にはずいぶん以前からこのタイプを
ご用意しているので、すでにご存知の方・
ご使用中の方もいらっしゃることと思います。



この秋の新商品、
地色は青磁色(ベージュに近い淡いグリーン)から
鈍色(紫寄りのブラウン)へのグラデーション、
多彩な色でよろけ縞が展開しています。

サイズは、横30㎝ ×縦22㎝ ×マチ10㎝

価格は 43,200円


同じ帯地で作られた宝来バッグと比較してみると、


花房バッグは宝来バッグより一回り大きい
サイズといえそうです。

 ※同じ帯地なのですが、採用する部分や光の加減で
     色の濃い薄いあります




このよろけ縞、コーディネートは?と
ご心配の皆様へ、
今回は売り場でお向かいの「織季香」ショップの
ご協力を頂き、着尺・帯のディスプレイに
この花房バッグを添えてみました。

 

画像ではわかりづらいですが、
紬のような硬いイメージのお着物にも、
江戸小紋のなど柔らかいお着物にも、同系色っぽく
あわせても、縞の一色とあわせても、
なんとなく自然にみえます。


次はコーディネートに加え、サイズ感も
ご覧いただきます。
少し大きめの作りだとすると、バッグばかり
目立つのではないか?と気になるところですよね。

画像上のスタッフは身長が150㎝くらい
画像下のスタッフは155㎝くらい

そんなに主張しているようには見えないのは、柄行の効果もあるでしょうか。


秋冬にコーディネートしやすいバッグの、
新作・人気商品、取り揃えております。
お気に入りがあれば、お出かけも楽しくなりますよ。

では本日も、名物職人マツキさんに
つぶやいてもらいましょう。



「この季節、鹿児島ではカイコウズが見ごろやろうね」


なお、9月26日~10月8日まで、9階では「プレイきもの」を開催。
どうぞご来場くださいませ

  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ