こども服・呉服

  • このブログの最新記事へ

♪きものや帯の収納について♪
タンスに入れる前のワンポイントアドバイス!

  • 更新日: 2018/4/19
  •  
  •   mixiチェック

◎11階 きもの売り場

こんにちは、きものメンテナンスショップ悉皆屋「染殿きん與」川島でございます。
皆様はお出かけから帰宅されたあと、きものや帯をどうやってタンスにしまわれていますか?
今回は『帯の収納』について、ワンポイントアドバイスをお届けいたします。

画像1
きものを着用された日の天候にもよりますが、まずは「湿気」を取るために、乾かしてください。帯は長いので洋服用のハンガーを何個か使って吊って乾かしましょう。
※だいたい2~3時間もあれば乾くと思われます。ただし、晴れていて乾燥している日におこなうのが良いかと思います。

画像2
帯が乾きましたら、写真のように裏から手でシワをのばしていきます。ある程度シワがのびたら、丁寧にたたんでいきましょう。

画像3
きれいにたためましたら、たとう紙に入れて引き出しに入れましょう。
このとき、引き出しの一番下に入れて、上から着物を乗せると「押し」がかかってよりきれいな状態になります。



今回、ご紹介しております『帯の収納』は昔からおこなわれている収納方法のひとつです。
着用されたあとの帯の状態によってはお手入れ(クリーニング)してからタンスにしまう方が
良い場合もありますのでご注意ください。
何かお困りのことがありましたら、お気軽に問い合わせくださいませ。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ