レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

バレンタインチョコレート博覧会 コラボカフェ期間限定メニュー その1『カカオハンターズカフェ by ア・ル・ロイック』 スペシャルジェラートのご紹介!

  • 更新日: 2016/1/30
  •  
  •   mixiチェック


皆さま、こんにちは! カフェ担当の鈴木です。
さて今週の27日(水)から阪急うめだ本店では、9階ぜんぶがチョコ! チョコ! チョコ! チョコで溢れたバレンタインチョコレート博覧会が開催中ですが、今年の9階各カフェでは、カカオティエやカカオハンター、チョコレートソムリエなどとのスペシャルコラボカフェを期間限定で開催中です。
バレンタイン期間中は各カフェのおすすめメニューをご紹介させて頂きます。

画像1
今回は『カカオハンターズカフェ by ア・ル・ロイック』のスペシャルジェラートのご紹介です。

カカオハンターこと小方真弓さんがプロデュースしたコラボカフェです。
小方さんは、南米コロンビアを拠点に、眠っているカカオの可能性を探し出すことから”ハンター”と呼ばれています。カカオ・チョコレートの世界で18年のキャリアを持ち、今ままでに14カ国のカカオ生産国を訪れておられ、2013年12月にコロンビアでチョコレート工房を設立されました。
2015年インターナショナルチョコレートアワード・マイクロバッチ/プレーン部門にて、金賞・銀賞を受賞したチョコレートをカカオ豆の開発から手がけられています。

画像2
こちらが今回のスペシャルジェラートです。

向かって左がシエラネバダ(カカオ64%) 右がトゥマコ(カカオ70%) 価格はシングル600円 ダブルが700円(税込)です。
カカオの比率によって色の違いが良く分かって頂けるとおもいます。

画像3
こちらは、トゥマコ カカオ70%です。
小方真弓さんの解説は「ウッディーでチョコレート感のあるトゥマコ、ライムを思わせるシャープな酸味の中に、キャラメルやナッツの香りが広がります。ほろりと広がるダンディな渋みで男性にもおすすめです」となっています。
甘さ控えめに仕上げているので、私が食べてもしつこくなく頂けました。

画像4
こちらは シエラネバダ カカオ64%です。
同じく小方真弓さんの解説では「『カカオは熱帯のフルーツ』である、そのイメージから作り上げたチョコレートをベースにしています。柑橘、レーズン、熟したトロピカルフルーツの香りとともに、カカオの甘い香りが広がります。スキッとした酸味が心地よい余韻を後押しします」となっています。」との事です。
食べた印象は、始めは少し酸味を感じられましたが、その後に広がる柑橘系の風味がその酸味と上手く混じりあい、とてもすっきりと頂けました。

画像5
今回のジェラートにはプラス100円でオプション「大人プレミアム」を追加していただけます。
マイヤーズラムかラフロイグ(ウィスキー)を少しジェラートに加えて頂くと、味わいがかなり変化します。
今回はラムを追加しましたが、ラムの甘みが加わりまろやかな味わいになります。こちらもぜひ一度お試しくださいね ※アルコールが含まれますので、ご注意下さい

小方真弓さんのこだわりを強く感じられるジェラートで、こちらのブログだけではご紹介仕切れませんでした。
ぜひとも9階ア・ル・ロイックにてお試し下さいね。
次回もバレンタインコラボメニューの情報をお送りさせて頂きますね。

以上、カフェ担当の鈴木がお届け致しました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ