レストラン・カフェ

  • このブログの最新記事へ

春の北海道フェアメニューのご紹介 ~パート19~
【ハル ヤマシタ大阪梅田】

  • 更新日: 2017/4/14
  •  
  •   mixiチェック


皆さまこんにちは! レストラン担当のすずきです。
現在、12・13階 レストラン「祝祭ダイニング」では、豊かな自然あふれる北海道で獲れた海や山の幸を使い、各店の料理人が食材の良さを活かし腕をふるった、春の北海道フェアを開催中です。

画像1
12階 ハル ヤマシタ 大阪梅田
「北海道産豊西牛ステーキ丼の
             ひょうたん弁当」 

                2,590円


人気のひょうたん弁当のメインを、
北海道産 豊西牛のステーキ丼に仕立てました。

画像2
ハルヤマシタと言えば”ひょうたん弁当”と私が勝手に思っている名物メニューです(苦笑)
木製のひょうたん型のお重に4種類のお料理入っている、料理の世界大会「ワールド・グルメ・サミット」の日本代表に選出された山下春幸シェフならではのユニークさが詰まったメニューです。

こんな形でテーブルまで運ばれてきます。
わくわくしながら一段ずつ空けていくと四つの画像の様になります。

画像3
まずはセロリの浅漬けから。
程よい大きさにカットされたセロリを浅漬けにし、
昆布のパウダーで仕上げました。
何気ないひと品ですが、食感はそのまま、セロリ特有の香りもほどほどに抑えられていて、クセなく食べられます。

次にサラダです。
トマトにレタス、胡瓜、ラディッシュとシンプルな食材ですが、かけられているのはお店で手作りされた玉ねぎドレッシングです。これが個人的には大好きで(苦笑)ご飯に合せてもとても美味ですよ。

画像4
鯛とサーモンのカルパッチョをいただきます。
このメニューのユニークなところは、一般的なカルパッチョはソースをかけて食べますが、こちらはお刺身の様に、カルパッチョソースに付けていただきます。
お好みに合せて味の濃淡を変えられるのも嬉しいですね。
ソースの米油もアクセントになっています。

画像5
メインの北海道 豊西牛のステーキ丼です。
脂身が少ない引き締まった赤身が特徴で、今回はイチボ(ランプと呼ばれるおしり上部のお肉のうち、下側のやわらかい部分を特に切り出した部位。運動を重ねていることから脂肪分は少ないが、やわらかい赤身が楽しめる)を使用しているので、非常にあっさりしています。
ソースは、しょうゆ、みりん、お酒をベースに、ローリエ、しょうがをアクセントに加え、くずで仕上げています。お肉を引き立ててくれるソースが絶妙にマッチしますね。
お好みでわさびと一緒にお楽しみください。

何度でも食べたくなる、ハルヤマシタ大阪梅田の豊西牛のステーキ丼、
ぜひお試しにお越しください。

以上、レストランのすずきがお届けしました。
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ