催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

「ぬぬぬパナパナ2013」開催中!!

  • 更新日: 2013/6/15
  •  
  •   mixiチェック

◎6月12日(水)~6月17日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 アートステージ

こんにちは!
担当の土居です

本日は、
12日(水)からアートステージにて開催中の
「ぬぬぬパナパナ2013」
のご紹介です


「ぬぬぬパナパナ」って
なんだか面白い名前ですよね!
実はこの言葉、沖縄・八重山の方言からの造語で、
「布の端々」という意味なんです。

今展では、八重山から東京までの23人の作家の個性豊かな布と、
石垣の土を使った焼き物や、多良間の完全天日干塩などを展示販売しております

そのなかから一部をご紹介

画像1
これは芭蕉布といって、バナナの茎の繊維で作られた織物です。正確には、糸として使われるのは、バナナといっても実のならない種類のバナナなのだそう。
沖縄本島で作られた手紡ぎの帯です。

画像2
こちらは「チョマ」という植物の繊維で作られた織物。
八重山で作られた手紡ぎの帯です。
やわらかい色合いがとても美しいです。

画像3
シルクのストールも
さわやかな色と独特の光沢が美しく、
使えば使うほどしなやかになるストールです

画像4
石垣の土を使ったやまばれ陶房さんの焼き物。
土の素材感を生かしたあたたかさを感じるうつわです。
最近は、ヘリンボン柄にはまっているのだそう。抜けるような青色はどこか石垣の空や海を連想させるようです
神野さんによると、石垣島では毎年7月の上旬に空がおもいっきりきれいになる時期があるそうです!1年にたった2週間、夏に入ろうとする瞬間の空がとにかく格別なのだそう島好きな土居は、次はその時期を狙っていきたいと思いました


個性豊かな23人の作家の布と、
石垣の土を使った焼き物、多良間の完全天日干塩に出会える

「ぬぬぬパナパナ2013」
は17日(月)まで
※最終日は午後6時閉場

皆様のご来場お待ちしております
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ