催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

デビュー30周年記念 さくらももこの世界展 その2

  • 更新日: 2014/12/2
  •  
  •   mixiチェック

◎12月27日(土)~01月12日(月)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 阪急うめだギャラリー

「デビュー30周年 さくらももこの世界展」ブログ、2回目は「ちびまる子ちゃん」のお話です。

1986年に少女雑誌「りぼん」で連載がスタート、1990年にテレビアニメがスタートして以来、今日まで国民的アニメとして多くの人に愛され続けています。

「ちびまる子ちゃん」はさくらももこさん自身の少女時代をモデルにしていて、家族や友達と過ごす普通の毎日を、笑いあり、涙あり、そしてたまにシュールに描いています。
さくらももこさんと同年代の私としては懐かしいネタも多く、“成熟してる大人”になっても見続けているマンガです。

画像1
この絵はなんと!「ちびまる子ちゃん」第1話の原画です。
「ちびまる子ちゃん」誕生の瞬間です。

“ちびまる子ちゃん”の名前の由来がわかります。
この後のコマには、あの先生や友達も登場!
それは、会場でのお楽しみ・・・

画像2




これは私が何度見てもクスッと笑ってしまう“4コマちびまる子ちゃん”です。
ここでは4コマ目のお父さんのセリフを消してみました。

みなさん答えはわかりましたか?

わからなかった人は、展覧会場に答えを見つけに来てくださいね♪
わかった人もクスッと笑えて、楽しい気分になれることがたくさん見つかりますよー☆

次回は、私が共感した「ちびまる子ちゃん」の昭和の小ネタ集をご紹介します。
お楽しみに♪



阪急うめだギャラリー担当 沖田でした。

©MOMOKO SAKURA  ©SAKURAPRODUCTION




  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ