催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

【プレイバック フランスフェア】第6回 しゃもじ

  • 更新日: 2020/12/28
  •  
  •   mixiチェック


次回のフランスフェア開催まで、
あと3ヶ月をきりました。

年末の時期は、フェアの担当者にとって、
来る開催に向けた準備で気忙しくなり始める時期です。

長いようで短い、あっという間の3ヶ月。


こちらの連載もいよいよ中盤です。

フランスフェア担当者に聞く、
これまでのフェア開催までの舞台裏。

今回は、体力を使う一面をご紹介します。


※文中の内容は、今回のフランスフェアと関係ありません。

【前回までのエピソード】
 第1回 女神
 第2回 ブログ
 第3回 お皿を洗う
 第4回 パリの夜
 第5回 電話の相手

◆登場人物
シライさん 2012年開催分からフランスフェアを担当。

--------------------------------
第6回 しゃもじ

フランスフェアの企画担当は、
現地からお店を招致するために、
年に複数回、フランスへ出張をしています。


---
フランスに出張されると毎回、
少しふっくらして帰国されてましたよね。

食べ物を招致されるために、
出張中はずっと食べているんでしょうか?


シライ
そう。特に、テーマの地域の中で
メインになるレストランは、
何店舗も食べ回って。


---
特に印象的な食べ物ってありますか?


シライ
うーん。(絞るのは難しいけど敢えて言うなら)
2017年に特集したバスク料理は、
すごく日本人の口に合ったと思う。

あと、2015年のアルザス特集で取り上げた
シュークルトも、個人的には好みかな。

でも一皿で結構な量があるし、
食べ応えがしっかりしてて、
何件も食べ比べるのは大変やったかな・・・

それはカスレも。
すごい美味しいけど豆が入っているから、
もう、何件も食べるとお腹が張って。

あ、やっぱりリヨンは美食の街だけに、
良かったよね。

えびのグラタンは美味しいけど、
優しい味やから、
何店舗分も食べ続けるのきつかったかな。

---
なんか想像できます


シライ
基本的に量が多いからね。
いわゆる郷土料理は。


シライ
あ、もう一つ。リヨンといえば。

この年にフランスフェアの会場で、
リヨンの観光協会がPRブースを出したんやけど、
先方から、あるものをノベルティで
配りたいと要望があって。


---
何を配りたいと仰ったんですか?


シライ
しゃもじ。あの、料理に使う。
美食の街ということで。


---
ああ、木ベラですか?


シライ
そう、木べら。

QRコードが印刷されていて、
読み込むと街の紹介ウェブページに
飛ぶという、木べら形のノベルティ。

観光協会から、何本くらい用意したら良いかと確認が来て。


---
はい


シライ
フランスフェアは大勢のお客様が
来てくださるので、1万本でどうかと提案をして。


---
へえ


シライ
本当に1万本用意してくれたんやけど、
木ベラが1万本分って、
入ってる箱の数だけでも相当の量なんよね。

ストック場をかなり占めるし。


---
1万本も配れたんですか?


シライ
そう。でも、これ、何が大変かって。

毎朝その日配る分をストック場から運ぶ必要があって。
もう、ほんとに大変やった。重いし。


---
企画担当って、体力勝負でもあるんですね。

つづく

※文中の内容は、フランスフェア2021とは関わりがありません。

【次回は、1/5(火)午後5時更新予定です。】

―――――――――――――――――――――
フランスフェア2021
会場:阪急うめだ本店 9階催場・祝祭広場
会期:2021年3月17日(水)~22日(月)
     ※最終日は午後6時終了 
オンラインストアは日程と内容ともに調整中です。 
 

■これまでのプレイバック フランスフェア
 第1回 女神
 第2回 ブログ
 第3回 お皿を洗う
 第4回 パリの夜
 第5回 電話の相手




  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ