催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

コーニッシュパイ?いやコーニッシュバスティ~英国フェア2013

  • 更新日: 2013/9/19
  •  
  •   mixiチェック

◎10月9日(水)~10月15日(火)  催し最終日は午後6時終了
◎9階 催場

みなさん、こんにちは。英国フェア担当の桑原です。
今年の英国フェアは昨年より面積が広がります。広がることにより新しいアイテムを販売したいという気持ちが強かったです。前回のブログで紹介したフィッシュ&チップスもそのひとつ。そして今回紹介するのがコーンウォール地方の伝統的な食であるコーニッシュパスティです。日本人はよくパイと言ってしまいますが、決してパイではなくパスティ。このあたりにもこだわりがある感じです。

画像1
今年、コーニッシュパスティをやろうと思ったきっかけ。それは昨年、「ザ・サヴォイ」のエグゼクティブパティシエとして来日していただいたマーティン・シファーズさんがコーンウォール地方が故郷だったこと。だからお店を決定するにあたりマーティンさんの力を借りました。
3月に推薦の3店舗を訪問し、味はもちろん、こだわりや作り手の思いを確認。最終的に選んだのが「ザ・チャフ・ベーカリー」です。

画像2
このお店のコーニッシュパスティを私が一番気に入った理由。それは地元産に徹底的にこだわっていたこと。さらにはコーンウォール地方でもっとも有名なクロテッドクリームを生地に練りこんでいたことです。
さらにさらに2013年度のコーニッシュパスティのワールドチャンピンでもあったのです。

画像3
ただひとつ問題がありました。コーニッシュパスティの一番の主原料が肉であること。現在、英国から日本への牛肉の輸出は禁じられています。そこで一部国内調達になりますが、ステーキパスティ、チキン・ベーコンパスティ、チーズ・オニオンパスティの3種類を販売します。いずれも1個481円。

画像4
今回、実演販売ために来日いただくのが中央のライアン・スメドレイさん、そして左がご存知、マーティンさんです。右側のエリカさんは来日予定だったのですが、諸事情で断念となりました。彼ら2人に会えるのは、「ザ・チャフ・ベーカリー」ブースです。


  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ