催事・イベント・サービス

  • このブログの最新記事へ

アペリティフにはこれ!~フランスフェア2017~

  • 更新日: 2017/1/27
  •  
  •   mixiチェック

フランスフェア担当の白井です。
前回のブログでヴァンデ県の名物のパンを紹介しましたが、
もう一つこの地方でおすすめしたいパンがあります。


“プレフー”という惣菜パンで、バゲットを半焼成した状態で側面から開き、その中に
たっぷりのニンニクバターが入っています。
これが基本のプレフーだそうで、朝から食べるとかなりインパクトが強すぎます
それもそのはず。この地方では、晩御飯の前のアペリティフの時につまむパンだそうで、
お酒のつまみにはぴったりな感じですね。
ニンニクバター意外にも、アンチョビやカラスミなど中に挟むものはいろんなバリエーションが
あります。日本ではアペリティフの文化があまりないので、ちょっと味を改良してランチ用の
惣菜パンとして紹介するのが面白いと思ったので、いろんなバリエーションのプレフーを
販売しているお店を探しました。その中で一番いいなと感じたお店がこちら。


『Boulangerie Méchinaud(ブーランジェリー・メシノ)
というサン=フロラン=ル=ヴィエイユにある3世代続くお店です。
オーナーのメシノさんは、パティシエとしての腕も素晴らしく、お店に並んでいるスイーツは
どれもおいしそうでした。プレフーを探しに行ったのですが、スイーツに目移りしてしまい
思わずプレフーを試食し忘れてしまいそうになりました


せっかくなので、何かスイーツも紹介したいと思い、プレフーと共にメシノさんのスペシャリテを
日本でも紹介することに


ロワールといえば、タルトタタン発祥の地として有名ですよね。それをアイスケーキにした
メシノさんオリジナルのタルトタタンアイスです。キャラメル味のアイスの下にはビスケット生地と
キャラメリゼしたリンゴの果肉が入ってます
フランスフェア会場では、プレフー5種類とタルトタタンアイスを紹介します。
プレフーは、ニンニクバター、ドライトマト&バジル、ラタトゥイユをベースに、日替わりで
カラスミ、オリーブアンチョビを販売予定です。
メシノさんの右腕のパン職人モジェ・ジョナタンさんに会場で実演いただきますので、お楽しみに

左からパン職人モジェさん、オーナーのメシノさん、メシノ夫人



  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ