文具・手芸・趣味雑貨

  • このブログの最新記事へ

★10月9日(水)~15日(火)リバティプリントに魅せられて 海外竜也 玉村利恵子 2人展 のイベント情報

  • 更新日: 2019/9/29
  •  
  •   mixiチェック

◎10月9日(水)~10月15日(火)  催し最終日は午後5時終了
◎10階 『うめだスーク』南街区「セッセギャラリー」
みなさま、こんにちは!

こちらでは、10月9日(水)~15日(火)まで開催いたします
『リバティプリントに魅せられて~海外竜也 玉村利恵子 2人展』をご紹介いたします。

国内でリバティプリントの魅力を伝えながら、毎年ニューコレクションを取り入れたオリジナル提案を勢力的に行っている海外竜也さんと玉村利恵子さん。

今回のイベントに伴い、お2人のリバティプリントへの思いをお伺いしましたので、ご紹介いたします。


◇海外竜也

・リバティプリントに対する思い

「はっきりとした出会いが思い出せないのですが、
いつの間にかリバティコレクターになっていました。
それだけ自然に僕の感性に中に滑り込んで来たのです。
ヨーロッパで数々の生地の展示会を見てきましたが、
’伝統と革新’のバランスが絶妙にとれたプリント生地コレクションは
唯一無二の存在だと思います。
これからもリバティプリントの’伝統と革新’を見守りながら、
毎シーズン発表されるコレクションを楽しんで行きたいと思っています。」

イベントでは、2019AW Collection「AESTHETIC RENAISSANCE」の生地や、2019ETERNAL(新定番)を使用したワンピース、ブラウス(アーカイブデザイン~最新デザイン)を取りそろえたラインナップ。
お好みのデザインと柄をお選びいただきお仕立ていたします。

また裏地にリバティプリントを贅沢に使用し、表地をイタリアやフランスの生地で仕立てた、1点もののジャケットやコートなどの販売も行います。

◇玉村利恵子
・リバティプリントに対する思い
「初めてリバティプリントに出会って40数年、毎シーズン新柄が発表されるのを
心待ちにし、クラシック柄にも心奪われ、とても幸せな気持になります。
自分でも何故だろう?と思います。一つ一つの柄に、デザインした人の
人間らしさ、柄のバックストーリーに想いを馳せることが出来るから。
その奥行きの深さが、本を読んだり、映画を観るように楽しむことが
出来るからだ感じます。」

『クラシックコレクション40周年カットクロス全種セット』や『クラシック40周年記念タナローン31種類展開』を展開いたします。
その他、キットや生地などリバティがお好きな方におすすめの商品を取り扱います。

たくさんの方から長年愛され続けているリバティプリント。
この機会にリバティプリントの魅力を伝え続けるお2人の作品をぜひご覧ください!

南街区セッセギャラリーイベントは最終日は午後5時で終了いたします。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております!
  • このブログの最新記事へ
  • ※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
  • ※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。
スタッフブログトップページへ