阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
お正月に用意するもの

門松

門前を清めて年神様を迎える

年神様を迎えるため、年末ごろから門の前に立てる松の飾り。
神様が家々に降りてこられるときの“よりしろ”となります。

【門松を取り付ける日】

良い日: 12月26,27,28,30日

※12月29日は「苦立て」に通じ、12月31日は「一夜飾り」といって、正月直前では年神様を迎える誠意に欠けると考えられるため、これらの日に門松を立てるのを嫌う風習があります。

 

しめ飾り

正面玄関の軒下につるす

しめなわで作ったお飾りのこと。家の中にある古い年の不浄を払って、いつでも神様をお迎えできますというしるしです。

鏡餅

生命力をもたらすとされた神様へのお供え物。

それをさげて、いただくのが習わしでした。

【お飾りの意味】

 うらじろ・・・・・シダとも呼ばれる。「齢重(しだ)る」の語呂から、長命の縁起物
 ゆずり葉・・・・・のちの世代まで長く福をゆずる
 だいだい・・・・・家系が代々繁栄することを願う
 昆布  ・・・・・「よろこぶ」の語呂から
 干し柿 ・・・・・幸福をしっかりとり込む
 伊勢えび・・・・・えびの中でも最も立派なえび。その姿から、腰が曲がるほどの長寿を願う

【飾り方】

一般家庭では、三方に半紙を敷いた上に大小の餅をのせ、その上にだいだい、または、青い葉つきみかんをのせてください。
三方がない場合は、盆などの上に白い紙を敷き、うらじろ、ゆずり葉をのせ、餅を重ねた上に青い葉つきみかんを置くだけでも十分です。

おせち料理

神様にささげたごちそう

昔は正月だけでなく、五節句<1月7日・人日(じんじつ)、3月3日・上巳(じょうし)、5月5日・端午(たんご)、7月7日・七夕(たなばた/しちせき)、9月9日・重陽(ちょうよう)>など、季節の節目となる日である節句<節日(せちにち)>に神様へお供えをし、神事のあとの酒宴で一緒に食べたすべてのごちそうを「おせち」といっていました。
正月のおせち料理には、神様に供えたごちそうを皆でいただくという意味のほか、神様を迎える正月に台所仕事をしてさわがしくしないという意味もありました。これは実際には、日ごろ忙しい主婦を「三が日」の間休ませるといった役割もあるといわれています。

【おせち料理の詰め方】

めでたいことを「重ねる」、という願いを込めて重箱に詰めます。
一の重から与の重までの四段重ねが正式です。料理の詰め方は地方により異なりますが、だいたい以下のように詰めるのが一般的です。
 一の重・・・・・きんとん、かまぼこ、黒豆、だて巻きなどの口取り
 二の重・・・・・酢の物
 三の重・・・・・焼き物
 与の重・・・・・煮物

※重箱が二段重ね、三段重ねの場合は工夫して詰めます。
品数が奇数になるようにするのが昔からのしきたりです。

【おもな料理の意味】

 数の子・・・・・子孫繁栄を願う
 黒豆 ・・・・・まめに働く
 昆布巻き・・・・・「よろこぶ」の語呂から
 田づくり・・・・・五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う
 海老・・・・・長寿を願う
 金団(きんとん)・・・・・財産、富を得る縁起物
 紅白のなます・・・・・水引を表す

屠蘇(とそ)・雑煮

【屠蘇(とそ)】

屠蘇延命散とも呼ぶ。一年の邪気をはらう祝い酒のことです。
邪気をはらい寿命を延ばすという、いわれがあります。
 屠・・・・・退治する
 蘇・・・・・病を起こす悪魔

【雑煮(ぞうに)】

家ごとにしきたりがあります。
大みそかの夜、神様に供えた物を元旦にさげ、年男がくんだ若水で煮て皆で食べたのが始まりです。
雑煮の材料、調理法、餅の形はさまざまで、汁は、関東風の澄まし汁仕立て、関西風のみそ仕立てなどがあり、餅は、東は切り餅、西は丸餅を入れることが多いようです。

  ページの先頭へ戻る