阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
入園・入学祝い
年齢に応じた品物を贈るのはもちろんですが、気をつけたいのはその家庭の教育方針です。特に幼稚園入園、小学校入学の場合には、子どもの両親に希望を聞いてから贈るようにしましょう。高校など学校・大学入学の場合には、本人の希望する品を贈ったほうが喜ばれるようです。

お祝いの品選び

幼稚園・・・・クレヨン、絵本、リュックサックなど
小学校・・・・
ランドセル、学習机、文房具、衣類など
中学生・・・・辞書、筆記具、図書カードなど
高校・・・・ステーショナリー、時計、図書カード、衣類など
短大・大学・・・・皮革製品、衣類など

※実用品については、贈り物が重複しないように
前もって本人か両親に希望を聞くようにしましょう。

お返し

一般に、入園・入学のお祝いに対してお返しは必要ないとされていますが、最近では内祝いをされるケースも多いようです。

式当日の装い

親子とも派手なものは避け、清潔感と格式が感じられる装いを心がけます。

子どもの装い

紺やグレーを基調に、女の子ならワンピースとブレザー、プリーツスカートと白いブラウスにブレザー、男の子も白いワイシャツ、半ズボン、ブレザーの組み合わせなどが適当です。
赤いネクタイやスカーフなどでアクセントをつけてもよいでしょう。
靴下は白、靴は黒がすっきりします。

大人の装い

母親は、洋服なら黒や紺、上品な色あいの無地などのワンピース、スーツ。和服なら小紋や色無地など。
昼間の式典なので、豪華なレースや光る素材はふさわしくありません。
アクセサリーをつけてフォーマルな感じを出しますが、これも真珠などの落ち着いたものがよいでしょう。

  ページの先頭へ戻る