阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
婚礼 結納
結納は長い伝統につちかわれた約束事です。その地方に伝わる習慣が大切に守られていて無視できないこともありますので、双方で事前に具体的な打ち合わせをすることをおすすめします。また「女性側が半返し」をする習慣のある関東では、「結納を取り交わす」といいますが、「半返し」をしない関西では「結納を納める」といいます。形式は地方やご家庭の伝統的なしきたりによりさまざまです。

目録・受け書

結納は熨斗(のし)・末広・帯地料(結納料)・松魚料(かつおりょう。「肴料」とも。)・清酒料、以上の5点か、または優美和(指輪)を添える場合は、松魚料と清酒料を一つにまとめ酒肴料と記す。
下記目録内容は7点の見本です。
7点、9点、11点、13点セットなどがあります。(祝いごとは必ず奇数にします)。

※氏名は納める側も受け取る側も父親あてが一般的ですが、現在は結婚する当人の氏名を記入する場合も多いようです。

※目録の表書き=男性側は「寿」 受書の表書き=女性側は「上」と書きます。

エンゲージメントリング

ダイヤモンドまたは誕生石が用いられます。婚約指輪は結婚指輪と重ねてはめますので、台はゴールドかシルバーに統一した方がよいでしょう。

結納お届けの包み方

関西では両家とも自家の家紋入りのふくさを使いますが、結納のふくさの使い方は地方によって異なります。関西では結納品のように丁重な品物を正式に持参するときは、白木の折敷(おしき)に目録と金包みをのせてふくさを掛け、さらに風呂敷に包み差し出します。より丁寧にする場合は、ふくさを掛けた折敷を広蓋(ひろぶた)にのせ風呂敷に包みます。その時のふくさと風呂敷は家紋のついたものが正式ですが、最近は「寿」のものを使う家も多いようです。
なお、一般慶事(受賞・長寿など)のご贈答品をお届けするときの包み方も同様に使うのが正式です。

 

ふくさと風呂敷の色

ふくさ

女性用は赤系か紫系。これは挨拶回りの品物の上にのせて使います。
男性用は紺系かグリーン系。

風呂敷

女性用は紫色、男性用は紺色を使います。

めでたい席での飲み物とお菓子

せん茶は「お茶を濁す」というような言葉から「めでたさが汚れる」と解釈されるため、結納のようなめでたい席では、せん茶を出さずに「こんぶ茶」を使うのがしきたりのようです。東京方面では「桜湯」がよく使われます。「こんぶ茶」は「よろこぶ」に通じ、「桜湯」は「花が咲いた」というめでたい意味も含まれるため慶事に使われます。よく挙式当日に式場控室で「小梅 結び昆布」がお茶のかわりに使われているのは「実がなった 結ばれた」との意味が含まれているからとのことです。いずれも語呂合わせのようですが、どんな小さなことにも、これだけの神経を使われるようです。
お菓子は、紅白の薯蕷(上用・じょうよ)まんじゅうを用意します。また、おめでたい銘の干菓子なども出されます。

お膳料(酒肴料)

結納のときに、さけのさかなという意味で、「酒肴料」と書いてお渡しすることがあります。おもてなしのお膳についてもらう代わりにお渡しするもので、お食事代という意味になります。

結納目録と金封

関西では広蓋に目録と金封の入った折敷をのせてふくさをかけ、風呂敷に包みます。

広 蓋

白木の折敷を広蓋の中に入れて手渡します。家紋入りがいいでしょう。

ふくさ

家紋入り、または寿のものがよく使われます。結納目録にかけたまま、相手側に手渡しします。

風呂敷

家紋入り、または寿のものを。

 

 

風呂敷の包み方

結納返し

「袴料」「返しのし」「お返し結納」と呼ばれます。結婚式までにお渡しします。
「結納返し」というのは、「袴料」として「帯地料」の1割〜半額(地域によって異なる)をお返しすることです。

結納飾り

処分をする時は氏神様に奉納します。

  ページの先頭へ戻る