阪急百貨店・阪神百貨店 ネット生活百科
ご葬儀の作法と心得

不幸が起きたら遺族は通知を行う

電話などで、死亡の連絡をしても失礼にはあたりません。近親者、故人と親しい方には、夜分や早朝でも「夜分(朝早くから)ご迷惑ですが」と断って連絡をとります。 この時、故人の氏名、死亡時刻、場所、発信者を正確に伝えるよう注意しましょう。

遺族と葬儀社で葬儀の打ち合わせをする

まず、遺族の代表となる喪主を決めます。喪主は、ご弔問(ちょうもん)を受けるもっとも大切な立場です。一般的には、故人の配偶者がなります。配偶者がすでに死亡している場合は、同姓を名乗る子ども(一般に長男)、子どもが死亡している場合は父や母がなります。
さらに、大規模な葬儀の際は、葬儀全体をとりしきって進行する葬儀委員長を立てる場合もあります。
次に、葬儀の詳細を決めます。葬儀の形式、規模、予算、日取り、式場などは、事前に遺族と近親者で決めておき、葬儀社に伝えるようにしましょう。葬儀の形式は、仏式、神式、キリスト教式など、故人と喪家の宗教に従うのが通例です。
詳細が決まったら、通夜と葬儀・告別式の日時や場所を親戚、友人、勤務先など関係者へ連絡します。受付係や案内係など、お手伝いの依頼もこのときに手配しておきます。

ご弔問客を迎える

遺族は遺体を見守り、故人に代わってご弔問客のご挨拶を受けることが一番の役目ですので、ご弔問客を出迎えたり、見送ったりしない習わしです。茶菓なども含め、ご弔問客の接待はお手伝いの方にお願いするのがよいでしょう。しかし、故人の死を惜しんで駆けつけてくださった方々のお悔やみの言葉には心からお答えし、故人との交際の程度により最後の対面をしていただきます。どんなに故人と親しかった方でも、ご弔問客から対面を願いでるのは慎むものとされていますので、遺族の心くばりが大切です。

弔事の服装

通夜、葬儀、告別式に参列する時、遺族や近親者は正式喪服を着用します。葬儀委員長も正式喪服を着ます。通夜までは、雑用などもあるので地味な平服に喪章か腕章をつければ、喪服でなくともよいとされています。

通夜式と通夜ぶるまい

かつては通夜という言葉どおり夜どおししたものですが、現在では2時間ぐらいで終える半通夜が一般的です。通夜の席次は、祭壇に向かって右側に喪主、遺族、近親者、親類・・・と血縁の濃い順に座り、左側に世話役、故人との社会的関係者、親しい友人、知人などが座る習わしです。焼香は喪主から席次の順に行い、そのあと世話役代表そして一般弔問客が行います。
通夜ぶるまいとは、僧侶やご弔問客を軽い食事と酒でもてなし、感謝の意を表す席のことです。本来は肉や魚を避けた精進料理でしたが、昨今ではあまりこだわらなくなりました。その土地の習慣によって、盛大に行うところと、簡単に折り詰めや茶菓だけですませるところとがあります。また、お酒は「死のけがれを清める」という意味で通夜にはつきものですが、出さないこともあるようです。世話役や手伝いの方たちには、手軽に食べられるよう折り詰めなどを手配しておきましょう。通夜式のあと僧侶には「御車代」をお渡しします。

精進上げ

仏式では、骨あげのお経のあと、葬儀の間お世話になった方を招いて、お礼の意味で料理と酒のもてなしをします。これを精進上げ(精進落とし)といい、火葬が終わるまで生ぐさいものをいっさい断ちこの時初めて肉や魚を食べることから、この名がつきました。最近では精進上げを催すかわりに、金品を贈って労をねぎらうこともあります。僧侶には別室で着替えてもらったあと、精進上げの席にご案内します。都合でお招きしない場合は、丁重にそのむねを伝え、「御膳料」「御車代」をお渡しします。

  ページの先頭へ戻る